看護師・保健師の仕事と言っても、それぞれ幅広い分野があり、様々な職場があり、医療機関で働く以外にも、たくさんの可能性が秘められています。

 

ごくあたり前の事ですが、世の中にはたくさんの仕事があります。

 

おおよそ、わずかな情報、身近な家族などが知っている範囲、その時置かれている立場や環境で、自身の進路が決まっていくかと思いますが、このサイトでは看護師や保健師になるにはどうしたらよいか?という事だけでなく、様々な観点から捉えていきたいと考えています。

 

そしてもう一つ、ご存知かとは思いますが、看護師や保健師は決して楽な仕事ではありません。

 

看護師は大手病院となるとフルタイムはあたり前ですし、保健師は毎日人との関わりあいで、精神的に参るという声も多いです。 ですが、仕事を通して他者への思いやりを持ち、自己の成長を促してくれるものでもあると思います。

 

既に看護師として活躍されている方へ

看護師として既にキャリアを積んでいる方は、毎日働きながらも「考え方が二極化」している方が多いかと思います。 それは、

 

→ 今の職場でしばらく務めていこう

→ 時期がきたら早く転職したい

 

「今の職場でしばらく務めていこう」   と考えている看護師の方は、

「転職も考えたけど、忙しすぎてまだ動けない」

「色々あるけれど、生活のためにとりあえず今の職場を続けていこう」

「やりたかった看護分野だから、とりあえず続けていきたい」

と感じているかと思います。

 

こちらに関しては、それぞれ抱えている事は違っていてもしばらく務めていくという方向性なので、それはそれで良いかもしれません。

 

しかし、「時期がきたら早く転職したい」

と考えている方はもう少し深く考える必要があるかもしれません。

 

その時期とはいつでしょうか?

 

もしかすると、ボーナスをもらってから転職をする予定なのでしょうか?

それとも、自分の仕事の範囲を引き継ぎするまででしょうか?

 

前者ならまだ決意が固まっているからよいかもしれませんが、後者のような、時期がきてからという考え方だと、転職するまでにかなりの時間を要します。病院側の都合を考えての事かもしれませんが、

 

引き継ぎ予定の看護師の方が辞めたら?

引き継ぎ後も病院側に留まるよう説得されたら?

 

はじめは、職場環境や給与面、体力面を考慮した上で転職を考えたはずです。

そのため、ここで一つ言えることは「転職を考えた時点で病院側に引き止める理由がないほどの転職理由」を考えておく必要があります。

 

このような事を提案するのもどうかと思いますが、せっかく良い転職先があっても、タイミングを逃したばかりに希望した看護分野では転職できないという事態を防ぐために提案したいと思います。

 

「病院側に引き止める理由がないほどの転職理由」

 

については、既に察しているかもしれませんが、一番ベストな転職理由としては、家族・身内に関する転職理由です。

独身の看護師の方なら、「家族の面倒をみなければいけなくなった為に地域を引っ越さなければならない、そのため転職する必要がある」家族の場合なら「旦那が単身赴任が決まったが、家族全員で赴任先へ引越しをするため」「こどもの教育環境をもっと良くするために」といった理由があります。このような家族・身内に関する理由なら、病院側にも相当な理由がない限り、引き止める理由がありません。いくらあなたが必要だとしても、仕方ないという判断をするしかないのです。

 

もし今の職場から早く転職をしたいという場合や、転職の相談をしても応じてくれそうにない場合に、上記のような家族・身内に関する転職理由を考えてみて下さい。

 

既に保健師として活躍されている方へ

 

保健師の方も看護師の方のように、

 

→ 今の職場でしばらく務めていこう

→ 時期がきたら早く転職したい

 

といったような、どちらかの思いを持っている方が多いかと思います。

もしそうなら、上記の「既に看護師として活躍されている方へ」のことを参考にしてもよいかもしれません。

 

そしてここで、もう一つ加えるとしたら「人生の設計図」を組み立てることです。

 

少々変わった例えなのですが、この人生の設計図を組み立てている人と組み立てていない人の違いは、クラゲと豪華客船くらいの違いがあります。

 

クラゲは海で、潮の流れに身を任せてひたすらフワフワと浮いています。そこには目的地はありません。

 

これは人生の設計図を組み立てていない方と一緒です。別に悪いというわけではなくて、ただただ人生の波に流されるという特徴があります。そこにはゆるやかな潮の流れの時もあれば、嵐の時もあります。それはそれで楽しいかもしれませんが、自分で行き先を決めていない分、そこに達成感や充実感はありません。

 

豪華客船の場合は、舵をとる船長がいます。天気や潮の流れを読み、それを統計データでも情報を収集し、決めた目的地までひたすら進み続けます。

 

どんな潮の流れだろうと、嵐だろうと関係ありません。決めた目的地まで向かうのです。もしかしたら、嵐で船が沈没する可能性もあるかもしれませんが、小舟やライフジェケットが用意されていて、最悪の事態にも備えています。

 

人生の設計図も同じことで、あなた次第でクラゲにも豪華客船にもなりうるという事です。

 

そしてクラゲか豪華客船になりたいかはあなた次第で、それはおのおのが感じる方向へ進めばよいと思います。クラゲでは人生が楽しめないから、豪華客船に乗りたいという方もいれば、豪華客船では窮屈だからクラゲの方がラクだという人も必ずいるはずです。

 

ただ、一つ知ってほしいことなのですが、

 

看護師・保健師といえど、あらゆる分野・職種があり、個人事業主としてまたは法人を作ってあらゆる方向で活躍されている方もいらっしゃいます。

 

あらゆる可能性が待っています。

 

そのためには、看護師や保健師になる事のメリットデメリットについても触れおく必要があります。あらかじめ知っておけば、おのずと方向性が定まり、将来的にどう進めばよいかという指針になります。

 

この看護師転職求人サイトを通してよりよい方向に向かえば幸いです。今よりも人間関係のいい職場・給料アップ・待遇アップ・週休2日など希望の職場が見つかるかもしれません。

看護師転職サイトを利用することで、非公開求人に応募できたり、10万円の転職お祝い金をもらえるところもありますので、ぜひ積極的にご利用ください。もちろんご利用はすべて無料です⇒看護師求人ランキングで人気の職場を比較!無料登録で非公開求人も

これから就職したり、転職をする際には、自分が何の仕事に適正があり、どんな仕事をしたいと考えているかはとても重要なことになります。人と話すのが好きだったり、交渉や説得する能力が高くて社交的な人は、営業や販売の仕事に向いています。というよりも話す能力に関しては、どのお仕事にも必要かもしれません。

その反対に人と話すのが苦手で、初対面の人とは思うように話せないという人には、営業に仕事の適性は無いというものです。ただし、初めは向いてなかった職業でも、頭角を現していく人もいますので、人との出会いや職場環境はとても大切ではないでしょうか? 続きを読む »

人気の産業保健師とは?

| 保健師 |

ネットなどでも調べてみますと、会社や企業などに勤めている労働者がいきいきとお仕事でき・その

効率や生産性を高めるお仕事が産業保健師と呼ばれています。そのほかにも、自主的に、

事業者と労働者が、健康や安全に配慮した企業雰囲気や文化を育てられるように支援を行っています。

続きを読む »

保健師の業務の中心は?

| 保健師 |

ここまで保健師の概要を見てきましたが、もう少し具体的に見て行きたいと思います。

とあるデータによると、就業保健師の約16%が保健所(地域健康法に基づく)で働いているようです。

そして都道府県での業務は、保健所以外に、保険政策の立案などを福祉保健局で行います。

続きを読む »

保健師の活動範囲

| 保健師 |

保健師は幅広く活動する職業ですので、もう少し詳しく見て行きたいと思います。そこで、保健師さんは

主にどこで働いているのかを調査してみますと、主な職場は市町村になるようです。

市町村では、保健センターが設置されており、地域住民への健康相談や検査、保健指導を行っています。

と言いましても、なんだかイメージがわかないですよね?

続きを読む »

保健師は国家資格

| 保健師 |

一般的に資格というものには、国家資格と民間資格があるそうです。

その中でも保険師は、法律で定められた国家資格になります。国家資格は法律に基づき

国や国から委託された団体が試験を実施していますので信頼性は高くなります。

続きを読む »

保健師に必要な能力?

| 保健師 |

一般的に保健師に必要な能力を考えてみますと、健康に関する知識とコミュニケーション能力が

必要になってくるかと思います。お医者さんも看護師さんもそうですが、初めて会う方にも、いろいろな

情報を聞き出さなくてはいけませんよね?

続きを読む »

保健師のお仕事とは?

| 保健師 |

病院に行けばお医者さんや看護師さんとは会うことができますが、保健師というと

どこで会えるのか分からない人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、「保健」師の言葉の意味ですが、健康を保つという意味になるらしいです。

続きを読む »